【MUSB NEWS FLASH No.25】
「宮崎大学管弦楽団第1回定期演奏会」 

宮崎大学に新たに立ち上げられた「宮崎大学管弦楽団」が、平成25年12月8日、はじめての定期演奏会を開き、オーケストラ編成による演奏などを披露しました。

25

宮崎大学では、木花キャンパスで活動する宮崎大学室内楽合奏団と、医学部の室内学部、それに大学の教員や職員なども参加して、オーケストラ編成での演奏ができる宮崎大学管弦楽団が、25年度、新たに設立されました。

12月8日、管弦楽団による、はじめての定期演奏会が開催されました。

3部構成の演奏会は、第1部で宮崎大学室内楽合奏団、第2部では医学部室内学部による演奏がおこなわれ、映画音楽やクラシック曲などを弦楽器の音色で楽しむことができました。

第3部では、室内楽合奏団、医学部室内学部のほか、管楽器や打楽器も含めたオーケストラ編成での演奏が披露されました。

今回演奏されたのは、ベートーヴェン作曲の「エグモント序曲」、さらには「交響曲第七番イ長調作品92」から第一楽章でした。

およそ50名での演奏とあって、会場の清武町文化会館・半九ホールには、迫力のある演奏が響き渡り、訪れた人たちから大きな拍手が送られていました。

最後に、ラデツキー行進曲がアンコールとして演奏され、はじめての演奏会を華やかに締めくくりました。

楽団長で農学部獣医学科の直良拓朗さんは、「たくさんの学生やエキストラの方々の支えがあったからこその演奏です、今後も続いていってほしい」と話しています。


キャスター 牧原佑子
取材 野中双葉・原尾拓朗・牧原佑子


番組は、
宮崎大学インターネット放送局「Myaoh.TV」→ http://myaoh.tv/ の2CH「MUSB」、
「Myaoh.TV」YouTubeチャンネル→ http://www.youtube.com/user/MyaohTV/
もしくはMUSB公式YouTubeチャンネル→ http://www.youtube.com/user/MUSBofficial/
で配信中です。